アイキャット・ロゴ

アイキャットは高度にマネジメントされたシステムにより
科学的な歯科治療の実現を目指します。

English
サイトマップ アクセス プライバシーポリシー 免責事項
ホーム NEWS イベント・セミナー 製品・サービス CT撮影 患者さまへ サポート 企業情報
HOME患者さまへ(インプラントとは)> 医院の選び方
医院の選び方
「ガラス張りの治療」を行っている医院をお勧めします。

ガラス張りの歯科医院とは・・・

たとえば、パン屋さん、ケーキ屋さん、おそば屋さんといったお店の中には、商品を作っているところをお客様に見せることで、商品作成の透明性をアピールするお店があります。同じように、内装によって、医療の透明性を見せようとしている歯科医院もあります。

しかし、真の透明性のある「ガラス張りの歯科医院」とは内装の話ではなく、治療方法、治療期間だけでなく、比較的マイナス感のある治療費、手術の危険性、手術の失敗率なども包み隠さず明確に説明してくれる医院のことをいいます。

1:納得のいく説明をしてくれる医院
  • すぐインプラントの治療を行うのではなく、治療方法、治療期間、手術のリスク、失敗率などをじっくり納得のいくまで説明をしてくれる医院を選びましょう。
  • 特に診断においては、図・絵や、実際のレントゲンやコンピュータ画面などを用いて視覚的にわかりやすく説明してくれる医院を選びましょう。
  • インプラントの治療費は、日本の国立大学病院でも、1本約50万円以上かかります。
    複数の本数では、さらに高額となります。
    そうした金銭的な面についても、きちんと説明してくれる医院を選びましょう。
2:清潔な環境で手術を行う医院
  • カーテンやパーテーションで仕切られた環境下で手術をしている医院を選びましょう。
    手術をしている真横で入れ歯の調整をするような状態では清潔であるとはいえません。
  • 専用オペ室を持っている医院なら、より安心です。
  • 専用オペ室がなくとも、手術日を休診日にしていたり,時間帯を決めて清潔な環境下で手術を行っている医院を選びましょう。
3:常にCT撮影をする医院、あるいは症例によってはCT撮影を推奨する医院
  • 必要ならばCT撮影をする,また他の病院機関での撮影を薦める医院を選びましょう。
    通常歯科医院で撮影する大まかなレントゲン「パノラマ」(正式には「オルソパントモグラフィー」)では,顎の骨の断面形態は把握できません。そのため特に骨の量に不安がある場合は、手術の安全性を優先し、別途料金がかかることを説明した上でCT撮影を薦める医院を選びましょう。
4:手術前に、歯の磨き方指導や治療をしっかり行う医院
  • 歯槽膿漏などの治療(「歯周治療」といいます)をきっちりと行う医院を選びましょう。
    歯槽膿漏は細菌感染です。細菌が健康なインプラントに影響を及ぼすといわれています。
    だから口の中を清潔に保つことは非常に重要なのです。
5: 定期健診を薦める医院
  • インプラント手術をしたらそれで終わりではなく、治療終了後も定期的な検診を薦める医院を選びましょう。
  • 歯科治療では、治療部分だけでなく口の中全体の継続的なフォローアップが必要です。インプラントを骨の中に埋めて、その上に被せ物(クラウンやブリッジや義歯)を作るだけで、治療は完了しません。 噛み合わせは加齢とともに変化するので、力学的環境に影響を受けやすいインプラントにおいて定期健診(リコール)は、特に重要です。患者の口の状態などによって異なりますが、3ヶ月ごと、6ヶ月ごと、長くても1年ごとに定期健診を受けましょう。
インプラントの治療を受ける上で、以上を行っている歯科医院をiCATは推薦します。


患者様へ
インプラントとは
他の治療法との比較
インプラント治療の流れ
医院の選び方
ハンズオンセミナーのご案内
資料請求はこちらから
Facebook iCAT公式ページへ
十河がゆく
iCAT User's Voice
CT適塾
CALL
copyright(c)2005 icat. All rights reserved.