toggle

GENDEX®
歯科用CT|ジェンテックス

細かさとCT値で見るから診るへ

GENDEX

歯科用CTでも医科用CTと同じようにCT値が出力されるべきでは? そんな思いがついに実現。

歯科用CTの中でも最高レベルの細かさはもちろん、CT値の出力により歯科用CTでも臨床的骨質診断が可能になりました。

「見る」CTから「診る」CTへ---歯科用CTの新しいスタンダードをお届けします。

 

「濃度直線性」と「濃度絶対性」そして「CT値」

「CT値(ハンスフィールド値) 1)」を出力するためには、大前提として画像濃度の「直線性」と「絶対性」が必要である。濃度直線性がないと画像の濃淡による骨密度の判別ができず、濃度絶対性がないとクラウンなどの装着の有無によって画像濃度が変化するため経過観察に支障をきたす。

それら「濃度直線性」「濃度絶対性」が保たれた上に水が0[HU]、空気が-1000[HU]となるCT値が出力されて、はじめて医科用CTと同等の「臨床的骨質診断」が可能になる。GENDEXのCT値は医科用CTや大型放射光施設SPring-8 2)で計測されたCT値と一致している。比較図を見る

(十河、第39回(社)日本口腔インプラント学会発表、2009年より)

参考文献

1) Carl E.Misch著 前田芳信総監訳 インプラント補綴 永末書店, 2007年

2) http://www.spring8.or.jp/ja/

診療目的に合わせて「撮影モード」を使い分け

撮影方法(ノーマルスキャン、オフセットスキャン)やコリメーターを利用した「撮影範囲(FOV)」と、画像の細かさを示す「ボクセルサイズ」と、「撮影時間(フルスキャン、ハーフスキャン)」との組み合わせにより診療目的に合わせた「撮影モード」が設定できます。

撮影モード1 → 撮影モード2 → 撮影モード3
水平埋伏智歯や顎関節など広範囲を把握する「初診時」に   骨質を把握したい「インプラント埋入時」に   エンド・ペリオの「経過観察時」に
撮影モード1
水平埋伏智歯や顎関節など広範囲を把握する「初診時」に
→
撮影モード2
骨質を把握したい「インプラント埋入時」に
→
撮影モード3
エンド・ペリオの「経過観察時」に

クイックピックによって「一発設定」が自由に可能。

一発設定

パノラマ撮影も可能

CT画像(MPR像)の重ね合わせ(レイサム像)によるパノラマ近似画像だけでなく、フラットパネルをスリット状にした撮影で従来のパノラマ画像を実現。面倒で危険なパネルの交換は不要です。(保険算定可)

レイサム画像 検出器(フラットパネル)全面を使ってCT撮影後、歯列弓に沿ったMPRを重ねて画像を作成。
レイサム画像
CTデータによるレイサム画像
パノラマ画像 検出器(フラットパネル)をスリット状に使ってパノラマ撮影。
パノラマ画像
パノラマモードによるパノラマ画像

患者さまに優しい低被曝

1. 

断続的なパルスX線により
トータルでの被曝量を軽減

低被爆-1

2. 

モード毎のコリメーター(鉛遮断)により
さらなる低被曝を実現。

低被爆-2

インプラント治療のトータル・ナビゲーション

国内トップクラスのシェアを誇るiCATのインプラントシミュレーションソフト「LANDmarker Direct」が付属。

CT撮影からインプラント埋入シミュレーション、さらにはガイドサージェリーへ、「Landmark System」によって先生方のインプラント治療をトータルにナビゲートします。

 

トータルナビゲーション

他病院からの撮影依頼にも対応

CTデータ(DICOM)出力時にフリービューアー(iCAT Vision)が付属するため、他医院からのCT撮影依頼にも安心して対応いただけます。

ビューアー-1
インプラントビュー
ビューアー-3
MPRビュー
ビューアー-3
TMJビュー

多くの臨床家が認めた品質

北米・ヨーロッパを中心に世界トップクラスのシェアを誇る歯科用CTメーカーからのOEM供給。

多くの臨床家が認めた品質をiCATが独占販売でお届けします。

座位型なのにコンパクト

顎位が安定する座位型なのに、標準的なレントゲン室でも設置可能。

推奨設置スペース 本体寸法・重量
スペック
ボクセルサイズ 0.125、0.2、0.25、0.3、0.4mm
空間分解能 14lp/cm(0.2mmボクセル時)
焦点径 0.5mm
濃度階調 14bit(16,384階調)
撮影範囲(FOV) φ8.5×H8.5cm・φ14×H8.5cm(コリメーション:H2cmまで絞込み可能)
撮影時間 4.8、8.9、12.6、23秒
照射方式 パルスX線
スキャン方式 フルスキャン(360度、高精細用)、ハーフスキャン(180度、低被爆用)、
オフセットスキャン(広範囲用)
付属ソフト iCAT Vision(フリービューアー)
LANDmarker Direct(インプラントシミュレーションソフト/1ライセンス)
標準価格(税別) 1,800万円(本体+撮影用パソコン)

一般的名称:アーム型X 線CT 診断装置 販売名:ジェンデックス CB-500 医療機器認証番号:221AIBZX00027000

管理医療機器 特定保守管理医療機器