toggle

Landmark System™
インプラント支援システム|ランドマークシステム

HOME > 製品・サービス一覧 > Landmark System™

Landmark System™(ランドマークシステム)は、デジタルデータの一気通貫によってCT撮影から最終補綴までインプラント治療を支援します。 
LANDmarker®(ランドマーカー)でドクターが診査・診断。Landmark Guide™(ランドマークガイド)で手術を実施。事前の診断用ワックスアップ、暫間補綴、さらには最終補綴といった補綴領域はLandmark Crown™(ランドマーククラウン)によって支援します。

CT撮影

(注1)

CADワックスアップ(Landmark Crown)

Landmark Crown

コンピュータ上でワックスアップ(CADワックスアップ)。(注2,3)

→詳しくはこちら

診査・診断(LANDmarker))

LANDmarker

顎骨CTデータと口腔内の模型やCADワックスアップのデータを合成した画像でトップダウンシミュレーションが可能に。(注4)

→詳しくはこちら

ガイドサージェリー(Landmark Guide)

Landmark Guide

シミュレーション結果をもとに、iCATで設計・作製したガイドで手術を実施。

→詳しくはこちら

CAD/CAMプロビ(Landmark Crown)

Landmark Crown

CAD/CAMプロビ(即時荷重用または暫間用)も同時作製可能。

→詳しくはこちら

CAD/CAMクラウン・アバットメント(Landmark Crown)

Landmark Crown

最初のCADワックスアップを利用し、CAD/CAMによるアバットメント、クラウンを作製。(注5)

→詳しくはこちら

注1 CT装置を選びません。
注2 ご要望に応じてワックスアップやCT撮影用テンプレートなどのリアルな技工も承ります。
注3 多数歯欠損の場合、「咬合床」「現在使用中の義歯」でもCADワックスアップは可能です。
注4 LANDmarker®にはソフトウェア自身による自動診断機能やサージカルガイドを設計・作製する機能は含まれておりません。
注5 Landmark Crown™は日々ご利用の技工所様との連携も可能です。詳しくはiCATまで